○○とわたし

不妊治療記録、猫たちとのお戯れ

MENU

緊急事態宣言中の結婚式に参列しました

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

 

こんにちは、わたしです。

 

ゴールデンウィークのどまんなか、緊急事態宣言中の都内で行われた友人の結婚式に参列してきました。滅多にない機会なので備忘します。

 

 

 

◆結婚式の日程について

 

新郎新婦が入籍したのが昨年秋、結婚式に来てほしいと言われたのがそのあとすぐでした。ちょうどコロナの感染者数も落ち着いてきてこのままだったら開催できるかも…というような雰囲気もありつつ。まさかそのあと1月に緊急事態宣言が出て、そのあと5月にも緊急事態宣言が出るとは…。(5月のはちょっとありそうだなとは思ったけど)

 

 

◆前日の健康チェック

 

式の前日、式場へ健康情報を提出しました。スマホで提出したのですが、「提出完了」の画面を見せないと式場に入れない仕組みになっていてスクショをしておきました。式場もたいへんですね。

 

 

◆当日の渋谷の様子

 

結婚式の会場は渋谷エリアでした。渋谷駅から会場へ向かいましたが、百貨店などの商業施設は完全に閉鎖か営業エリアを食品や化粧品のみに縮小していました。映画館も閉まっています。

 

人の出ですが、お店が開いていないのを考えると意外と多い…!買い物できないのにみなさん何しに渋谷へ?若い子から子連れの家族もいて、危機管理どうなっているのかなと思いました。

 

 

◆マスクをはずしたりつけたり

 

 

 

結婚式では写真をとったりムービーを撮影したりしますが、その都度マスクをはずしたりつけたりするので、地味に大変でした。会場のカメラマンからは「差し支えなければ、マスクを外してください」とのアナウンスが。新郎新婦やご家族の記念に残るものなので、みんな外していました。

 

飲食するときもマスクをはずしたりつけたり。揺れるタイプのイヤリングをつけていた友人はその都度イヤリングもとれていないか気にしていてこれまた大変そうでした。揺れるアクセサリーは「家が揺れる」なんて言ってマナー違反とも聞きますが、実際はそんなことないみたいです。

 

 

◆パーテーションでお話しできない

 

円卓のテーブルでひとりひとりがパーテーションで区切られていました。式場の雰囲気に合うブラウンがかった透明なパーテーション。パーテーションがあると狭いですね。私の席は6人席でこのスペース。7人席のテーブルはもっと狭そうでした。カトラリーを落としちゃう人多数。

 

f:id:marumarutowatashi06:20210505092826j:plain

 

仕方がないのかもしれませんが、隣の友人としゃべれない。もし会話するならパーテーションごしでは難しいのでパーテーションを避けて会話をしなければならない。せっかく久しぶりに会えたのにちょっと残念。

 

といいつつも、結婚式3時間前に合流してしこたましゃべったあとだったのですけどね。

 

 

◆はじめてのノンアルコール披露宴

 

妊娠して酒が飲めなくなった…のではなく、式場からのアルコール提供が取りやめになったそうで、飲み物は全部ノンアルコールでした。

 

ノンアルコールのスパークリングワイン、ノンアルコールの赤白ワイン、ノンアルコールのウイスキー、ノンアルコールの焼酎、ノンアルコールの日本酒、ノンアルコールのカクテル。

 

美味しい料理だったので、お酒と楽しめないのは残念でしたが致し方ありませんね。

f:id:marumarutowatashi06:20210505091123j:image

 

葉っぱにお肉が隠れています。重たい赤ワインがほしかった。

 

提供されたノンアルのワインはオーガニックワインの『Opia(オピア)』。白や赤は薄味…な印象でしたが、スパークリングワインは美味しかったです。お手頃なので自分ちで飲んでもいいかもと思いました。

 

 

 

◆二次会がないのは身体がラク

 

こんなご時世なので二次会をすることなく帰宅。また会える日を楽しみにしてるね~なんて言って解散しました。

 

二次会、とっても楽しいのですが披露宴で酒を飲んで…二次会で酒を飲んで…ってすると相当疲れるもんです。しかも披露宴に参加している最中はなんとなく姿勢を良くしようと気を使っているので軽い筋トレ状態。身体も疲れています。ノンアルかつ二次会なしで内臓も疲れないし、疲れた身体をはやく家に帰してあげることができたのでコレもありだなと思いました。

 

 

◆新しい生活様式の結婚式

 

 

 

今回の結婚式で感じたことは、タイミングによるマスク着脱、パーテーションと消毒、ノンアルコール、の要素を取り入れればコロナ禍でも結婚式は可能だなということ。換気のために、チャペルや披露宴会場の扉や窓が開いていたのも、今の季節柄とても気持ちがよかったです。(逆に真夏や真冬の換気は修行モードっていう。)

 

参加者としては、お酒がないのは残念でしたが新郎新婦が一生懸命準備した式が決行できて本当によかったなと思いました。やっぱり、めちゃくちゃ悩んだそうですが…本人たちも結婚式ができてよかったと幸せそうでした。

 

コロナ禍で、結婚式をするかどうか悩んでいる方はものはやりようなのでやってもいいと思います。というのがゲストからの意見です。

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ

 

 

 

 スタンプができました。

store.line.me

不妊治療を頑張るネコチャンスタンプ – LINE stickers | LINE STORE