○○とわたし

不妊治療記録、猫たちとのお戯れ

MENU

12w1d 12週の妊婦検診

  

 

にほんブログ村 マタニティーブログへ

 

 

こんにちは、わたしです。

 

不妊治療を経て今のところ妊娠継続中、12週目に入り待ちに待った2回目の妊婦検診がありました。

これまでの不妊治療についてはこちら。不妊治療まとめ - ○○とわたし

 

 

 

◆妊娠12週にの妊婦検診

 

病院によってさまざまかと思いますが、今回の検診は「問診」「エコー」「前回の検査結果」について診てもらいました。

 

 

◆気になる出血について

 

10週目から続いている地味~な出血。鮮血でもないし、腹痛もありませんので妊婦検診まで気になるけどそのままでした。医師に症状などを伝えたら「絨毛膜下血腫」かもしれないので、経腟エコーで確認しますとのこと。赤ちゃんが入っている袋と子宮内膜の間に血が溜まっていて、それがちょっとずつ出血しているのかもとのこと。

 

妊娠初期にはよくあることのようですが兎にも角にもエコーで見てもらうしかありません。

 

marumarutowatashi06.hatenablog.com

 

 

 

◆12週のエコー

 

そろそろ腹部エコーかと思い、上下別れている服を着て行ったのですが経腟エコーだけでした。

 

エコーですが、赤ちゃんは無事に大きくなっていることが分かりました。はじめて心音も聞かせてくれて、.お元気そう。とりあえず安心です。頭殿長は測らなかったけど、BPD(頭の一番長い幅)は2センチくらいとのことで数週どおりとのことでした。3頭身くらいになってますます人間らしくなってきました。ス、スゴー。お腹にいるならもうちょっと主張してくれてもいいのにと思いました。

 

f:id:marumarutowatashi06:20210722180012j:plain

 

絨毛膜下血腫については、ちょっとだけその症状があるかもねということでした。前置胎盤の可能性も…?と言われたけどいまの週数ではまた何とも言えないそうです。え~前置胎盤って大変はやつなのでは。数週かさねて改善していくといいなぁ。

 

 

アスピリン(小児用バファリン)の処方について

 

不妊治療で通っていたセントウィメンズクリニックより、血液凝固防止のためにアスピリン(小児用バファリン)を処方されています。卒業してからも服用し続けていて残り1ヶ月分になったところです。卒業するときに、「アスピリンを服用し続けるかどうかは転院先の産院で判断してもらってください」と言われていたのですがさいたま赤十字病院はそれを判断するのが難しいとのことでした。

 

確実に抗体値が出ていたり、経産婦で前回の出産の様子を診て必要と判断されたなら処方することができるそうなのですがわたしの場合は保険適用外でも処方するのは難しいとのこと…。アスピリンの効果は全世界的に認められているけれど(認められているから保険適用外でもおクスリ代が安い)、日本の大きい病院だと「この症例にはこのクスリ!」ってなっているのでと処方しづらいんですって。それを覆すには大きい会議にかけてあーだのこーだのしないといけないらしい。

 

ということで、アスピリンに関してはセントウィメンズクリニックに指示を仰ぐことにしました。まだ1ヶ月分あるので、8月半ばくらいに電話してみたいと思います。

 

 

◆次の妊婦検診は17週
 

 次の検診は1ヶ月後です。また不安な1ヶ月が続く…。暑いし体力の低下も感じているので、あんまり無理して外に出ないようにします。

 

検診の待ち時間、出産して退院してきたであろう赤ちゃん連れのご夫婦が何組かいらっしゃいました。生まれたての赤ちゃんをはじめて見ましたが、あんなにグニャングニャンなんですね。ほにゃほにゃ泣いていてかわいらしかったです。

 

 

 

にほんブログ村 マタニティーブログへ
 

にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティーライフへ

 

 

 スタンプができました。

store.line.me

不妊治療を頑張るネコチャンスタンプ – LINE stickers | LINE STORE